「三重県版経営向上計画」認定について

経営課題の解決や新事業展開を考える
三重県版経営向上計画は、平成26年4月1日施行の「三重県中小企業・小規模企業振興条例」第16条に基づき、創設した制度です。
 三重県内中小企業・小規模企業の皆様の経営の向上に対する主体的な努力を促進し、その挑戦を後押しするだけでなく、
意欲を引き出すため、多様な中小企業・小規模企業がその発展段階に応じて作成する計画を認定し、中小企業・小規模企業の成長と
三重県経済の活性化を図ることを目的としています。

「申請窓口」は、公益財団法人三重県産業支援センターです。
県内商工団体(商工会、商工会広域連合、商工会議所、中小企業団体中央会)を通じて、公益財団法人三重県産業支援センターに
申請することも可能です。



■制度の内容

三重県版経営向上計画では、多様な各中小企業・小規模企業の発展段階に応じて次の3段階の申請を行うことができます。

  1. ステップ1  自社の経営課題を解決していこうとする計画
    支援策・・・地域インストラクター(今後県内5地域に配置予定)及び商工団体の経営指導員による計画の作成・実行支援
  2. ステップ2  経営課題の解決に向け具体的に取り組もうとする計画
    支援策・・・小規模企業に対する現場改善支援として専門家派遣(3回まで無料)
  3. ステップ3  経営課題に対する解決策を本格的に実行しようとする計画
    支援策・・・①みえ経営向上支援資金の適用、②みえ地域コミュニティ応援ファンドによる助成(三重県版経営向上計画部門)
    ※資金の適用、ファンドによる助成については、別途実施機関による審査があります。

  ※支援策の詳細な内容については、別途決定します。

制度の詳細につきましては、公益財団法人三重県産業支援センターのHPをご参照ください。